【債務整理の専門家】アヴァンス法務事務所
無料相談・全国対応
過払い成功報酬減額キャンペーン

過払い金返還請求についてお悩みの方は今すぐご相談ください。
債務整理(多重債務問題)専門のアヴァンスがお悩みに応じた解決方法をご提案します。
過払い金の有無についても詳しくアドバイス致します。


過払い金返還Q&A

既に完済していますが過払い請求はできますか?
はい、可能です。利息制限法以上の利率で利用され、現在は完済されている場合は、ほとんどのケースで過払いになりますので請求できます。
親族に肩代わりしてもらったのですが過払い請求できますか?
はい、可能です。但し、返還されたお金をどうするか肩代わりしてもらった人と事前に相談されることをお勧めします。
親族の借金を肩代わりしたのですが過払い請求できますか?
この場合、契約者本人、つまり肩代わりされた方が請求する場合に限り出来ます。肩代わりされた方の請求はできません。
数年前に自己破産したのですが過払い請求できますか?
はい、可能です。但し、破産されたときに裁判所に利息制限法による再計算されていない債権金額を届けた場合となります。破産以前にある程度の取引が無ければ過払いとはなりません。
特定調停で和解し完済しましたが過払い請求できますか?
初回の取引からの利息制限法による再計算金額を元にした調停をしなかった場合、初回の取引から再計算を行うと過払いになるケースがありますので請求できます。
完済して10年以上経ちますが過払い請求できますか?
基本的には不可能です。完済した翌日から10年を経過すると、時効となり請求することが出来なくなります。
現在利用している金融業者に以前完済したことがあるが請求できますか?
従前完済した取引から現在の取引を連続して再計算、または個々の取引を再計算したものを差し引きし過払いが生じていれば請求できます。この場合連続して計算するほうが過払いの額が大きくなります。
したがって一部債権者は、連続した取引を認めず従前の取引が10年を経過している場合時効の主張をしてきますので、このようなケースは、訴訟で裁判所に判断を委ねることになります。

関連項目
→過払い金返還とは
→過払い金返還のメリットとリスク
→過払い金請求の費用
→過払い金請求Q&A

借金返済解決
消費者金融・カード会社への返済
多重債務へ陥った方へ
借金減額のしくみ
ご契約までの流れ
アヴァンス安心の理由
徹底した守秘義務
受付専用部署を設置
女性専用相談窓口設置
ホームへ戻る
債務整理の専門家アヴァンス
(C)アヴァンス法務事務所